とりあえず10万

ビットコイン・暗号通貨で10万円をどこまで増やせるのかに挑戦するブログ

Dogecoin(ドージコイン)ってなんじゃらほい?

今日も暑かったですねえ。近所でカッコウが鳴いてまして徐々に夏になってきた感じです、まだ梅雨も来てないけどな!

さてさて、しばらくは興味を持ったコインについて記事を書いていくことにしようかなあ、ってことで今日はDogecoinについて、最近高騰してるコインの一つなんで気になって調べてみました。軽くね、あくまでもかるーく

 

まず結論から言うと今の高騰ってたぶんイナゴジャパンマネーの多量流入が原因だと思います。いやもしかしたら違うのかもしれんけど、調べてみた結果私的にはそう思いました。

 

            f:id:DOCuma:20170521174251j:plain

柴犬のご尊顔が特徴的なこのコイン、なんだかこいつ憎めない顔をしてやがるぜ…!!

 

そもそもこのDogecoinの発音には諸説あるようで、ドージ以外にもドッグとかドギーなんて読み方も良くね?って言われているらしいですよ。個人的にドギーコインとか最高。ほんでまあ、ね、名前的にも見てもらえりゃわかりますが、もともとこいつはいわゆる「おふざけの産物」なコインだったわけです。そんなんありかい!

でもこういう面白そうなのってやっぱり人気が出るんでしょうね、特定のコミュニティ内での盛り上がりがDogecoinを暗号通貨の生き残り合戦の中で支えてきたようです。これについて今はどうかわかりませんけど、なんか最近のポジティブなニュースとかあんまり見つけられなかったです。今もそういう熱狂的なファンもいるのかな?

 

 

実際の技術的な部分とか使用用途とかは詳しくは知りませんが(ブログ始めときながらまだこの界隈の事全然わかってない)、技術的にはあんまり目新しいもんはないっぽくて、仕組み自体はLitecoinと同じような感じらしいですね、もともとビットコインやライトコインと仕組み的には似たようなもん作って、お犬様の顔貼り付けたろってノリで始まったようなんで。

ただ特徴としては発行量の上限がないようで、、、ということはお値段が急騰するってのは通常あんまり考えにくいのかなあとは思いますが、どうなんすかね。

 

ほんでもって使用用途について。

有名なのはジャマイカのボブスレーチームのソチ冬季五輪出場のための寄付手段として使われたそうな。でも結構前の事だよねこれ。やっぱり2013~2014年くらいがこの通貨のピークだったぽい感じがプンプンするぜ!

たぶん今の高騰ってこのコインが好きな人がいっぱい出てきたとか技術的に再評価されたとかじゃあなしに、単にお値段の安くって大量に買えるからってことでジャパンマネーが流れ込んでるという、バブル的なやつなのではなかろうか。つーかそれ以外ないでしょうよ。XRPとかと違って宣伝しまくりな印象もないし、今後そんなには上がらないような気もします。

ま、実際はどうなるかはわかりませんが、今の相場なら何が起きても不思議じゃないんでもしかしたらヤバいことになるかもしれない、ならないかもしれない。

 

今日はそんな感じです。そんじゃまあ、ぼちぼちと。